暗号資産CFDの特徴と利用する際に注意するポイント

   2022/07/21

仮想通貨取引所(交換所)は、仮想通貨について各種のサービスを提供しています。現物取引やレバレッジ取引が可能で、様々な通貨が投資対象になっています。

仮想通貨取引所を利用する場合は、金融庁から認可を受けた業者かどうかを確認することが大切です。認可済みの業者であれば、詐欺の危険のある無登録業者とは異なり、安心した取引ができます。
投資詐欺は多く起こっていますが、仮想通貨関連でも海外業者を中心に返金トラブルなどが発生しています。

単に操作方法を間違えて返金できないなど、トレーダーが勘違いしているケースもありますが、実際に詐欺業者の可能性もあるため、特に口コミ情報の少ない海外業者に関しては注意する必要があります。

仮想通貨取引所も国内の認可業者を使えば、信頼性の高い取引ができます。
取引においてトラブル発生時にも相談しやすく、何より公的機関が提供するサービスの信頼性をチェックしている安心感があります。

但し、国内業者でもハッキング被害などでシステムがダウンするような出来事も発生しています。何かトラブルが発生した場合の相談窓口についても、事前に確認しておくといいでしょう。
仮想通貨取引所は現物取引のサービスが一般的ですが、中にはレバレッジ取引(仮想通貨FX)にも対応しているところがあります。仮想通貨のレバレッジ取引は、暗号資産CFDとも呼ばれています。

最近では、複数の証券会社で暗号資産CFDの取引が可能になっており、仮想通貨関連でこのサービスに力を入れている業者も多いです。
暗号資産CFDの特徴は、2倍のレバレッジをかけることで、資金を大きくして取引できる点です。

FXの場合は、最大25倍のレバレッジが国内業者で使用されています。
これと比較すれば2倍は小さいように思えますが、仮想通貨は価格の変動幅が大きく、通常の現物取引でもリスクの高い部類に入る投資です。
そのため2倍でも十分なレバレッジと考えることができます。
また、暗号資産CFDや仮想通貨FXは、売りからトレードを始めることもできます。下落相場になった場合でも、利益を出せる投資方法です。

但しレバレッジ取引では、相場が下落して残りの証拠金が一定の水準に達した場合に、強制ロスカットになります。現物取引よりもさらにリスクが高いため、リスクを低くしたい場合は、強制ロスカットのない現物取引の方が向いています。

暗号資産CFDのようにレバレッジがかかった取引は、よく考えずに安易にお金をつぎ込むと、損をした場合に大きな額になる可能性があります。小額から取引できるため、特に初心者は小さな資金から始めるといいでしょう。
投資においてリスク管理は最も基本となる部分であり、仮想通貨取引も同じです。資金管理をしっかり行って、無理のない取引をすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket