【投資の前に確かめよう】仮想通貨の税金の仕組みを理解する必要性

   2022/03/06

仮想通貨は税金がかかるのか

副業として仮想通貨を用いて稼ぐ方法は投資があり、購入してから値段が上がって売却すると利益になります。
仮想通貨は法定通貨ではなく発行元がなく、世界共通で使われているため海外送金で手数料が安くスムーズに手続きができることが特徴です。

また、近年ではビットコインの価格が史上最高値を更新し、一獲千金を実現できた投資家が増えています。
しかし、値動きが激しいため大きい利益を出せますが、課税対象所得になるため事前に計算することが大事です。

仮想通貨の投資で得られた利益は別に収入があれば年間で20万円以上になると確定申告が必要で、なくても38万円以上になり超過するときちんと手続きを行うことが求められます。利益は売却やマイニングによる収益だけでなく、取引を行ったり値上がりしてものやサービスを購入したケースにも適用されます。

確定申告をする際に注意すべきこと

仮想通貨で利益を出せば課税対象所得になり、確定申告を行い請求される税額を支払う必要があります。
副業で仮想通貨の取引で稼ぐためには取引所を利用しますが、税務署は支払履歴をきちんと調査しているため正直に申告することが大事です。

確定申告をしなかった場合は延滞税と無申告加算税が加算され、バレないと思っていると損をすることになります。
申告は毎年2月中旬頃から3月中旬頃になり、経費がかかれば課税対象所得から控除してもらえます。

また、初心者であれば税務署に相談するとアドバイスをしてもらえ、指示にしたがうと安心です。確定申告は白色申告と青色申告がありますが、課税対象所得をなるべく安くすると利益を増やせます。

詐欺には注意しよう

仮想通貨の取引で注意すべきことは価格が大きく変わりやすく、詐欺が起きやすいためきちんと警戒する必要があります。
また、取引所を選ぶときは利用者の口コミや評判を確かめ、預けた資金を失わないように決めることが大事です。

近年では取引所が破綻することも多く、預けた資金が返金されないこともあります。このため、メリットだけを強調する有名ではない取引所があれば警戒し、安全性を重視して選ばないといけません。

税金は出金した時点で発生するため、最適なタイミングを決めることが重要です。詐欺は確定申告のときにも多く代行やアドバイスなどで起きやすく、相手が信用できるか確かめないといけません。しかし、自分自身で手続きをすればこのようなリスクを避けることができ、税務署のスタッフと相談して手続きをすることが望ましいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket