仮想通貨の現状と課題

   2022/02/21

仮想通貨の現状と花袋についてですが、副業にて仮想通貨はすでに知られていますが、現状においては仮想通貨の利点は安全に資産を受け取ることが可能で、資産を現金化する方法が確立されているエリアにおいてはその資産を用いて買い物に使用できる自己の資産として使用することができる点が今のところの仮想通貨の最大の利点となっています。
他にも仮想通貨の利点は、副業面においてお金儲けを可能としている点で、これは仮想通貨のトレードの他、マイニングという手法でお金を儲けることができるという点です。

ただ、その反面で問題となっているのがエネルギー問題で、仮想通貨は元々、インターネット上の情報のやり取りを行う際、少ないエネルギーでデータのやり取りをするという物でしたがいつしか、参加者が増えすぎてしまい、処理能力の低い端末が足を引っ張るという問題に直面しています。
これは、マイニングの他仮想通貨のネットワークに繋がるに際して、処理能力が低い端末は跳ね除けられてしまい、円滑に取引に参加をすることができなくなるという問題のことを意味します。

この問題が仮想通貨が抱える問題で、エネルギー消費を抑えるという目標がいつの間にかお金儲け至上主義に変化したが故、そのネットワークの維持が難しくなっているのです。しかも、仮想通貨は、国家が参入する場合高性能な端末を使用することと、電力の消費が増加するという問題があり、エネルギーに乏しい国家は参入が難しくなります。

無論、この問題は、あくまで仮想通貨をトレードしてお金もうけに走った場合においてのみ問題視されるもので、仮想通貨を自分の貨幣として使用する場合は、第3者に仮想通貨の口座番号さえ流出しなければ問題が無い点、口座番号とログインパスワードが分からない限り安全であるため、紛争地帯においては暗号化通貨の方が第3者に盗まれる必要性が無い通貨として機能するうえ、子供に仮想通貨で支払いを可能とする端末を預けておけば子供自体が自由に日常の生活で自由に仮想通貨をお金がわりに使用できるため、たとえ端末を奪われたとしても所有者側がプロテクトをあらかじめかけておけば問題が無いという利点があります。

以上が仮想通貨の現状と問題ですが、現状については仮想通貨は普及しすぎたことでネットワークの維持が難しくなりつつあると判断し、その上で抱えているのがエネルギー問題で新しく処理の軽いネットワークの暗号化通信を確立することが早急な課題であると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket